プロジェクト

校舎修復プロジェクト

「教室がないってどうして?」

離島の小学校に来てくれた日本の子どもたちが不思議そうに聞きます。

ローカルの地では屋根がない、壁がボロボロ、扇風機が動かない…といった教室の問題があとをたちません。
その原因は、台風や地震などの自然災害のほか、塩害や素材や建築方法の質の低さによるもの、老朽化などによるもの、さまざまです。

教室や校舎というのは学ぶ子どもたちの姿勢と思いをはぐくむもの。
とても大切な環境要素のひとつです。

それなのに・・・猛暑のなか、屋根に穴の開いた教室で風もなく汗だくで机に向かわねばならない子どもたちがたくさんいます。

このプロジェクトの応援方法は・・・

  • 校舎修繕を資金でサポート
  • 技術でサポート
メニュー